会社設立で募集設立

会社設立で募集設立を行う意味とは


会社設立、特に株式会社設立を行うというような場合にはその設立方法は一つしか無いわけではありません。

株式会社設立の際にはまず最初に「設立時に発行する株式を誰が引き受けるのか」ということを決定する必要があります。発起人は必ず1株以上の株式を引き受けるというルールさえ守れば、残りは誰が引き受けても、制度上は問題ありません。

通常の場合だと発起人が全てを引き受けるか、発起人が複数いる場合には、複数人の発起人がそれぞれを分担することとなります。

これは株式会社設立時の基本ルールとなるのですが、先に述べたような「発起人が全ての株式を引き受ける」という方式は、一般的には「発起設立」と呼ばれる手法になります。

株式会社設立を望む発起人たちが自身で株式を引き受けるため、非常にスムーズに会社設立を行えるというのがその特徴です。しかしこれは同時に「可能なのであれば、発起人以外が株式を引き受けてもよい」と言うことにほかなりません。

この「発起人以外が株式を引き受ける」という形の設立が「募集設立」という方式になります。設立される会社の多くは発起設立の方式を選んでいるのが実際なのですが、それでは募集設立を行う意味とはどこにあるのでしょうか。

まず募集設立を行うことによる最大のメリットとなるのが「多額の出資金を分担で負担しやすい」ということです。通常の発起設立だと発起人が出資をしていくこととなるのですが、これは金額が増えるほど、分割負担が苦しくなります。

100万円を4人で負担するということであれば一人あたりの負担は25万円ですが、1000万円になると250万円になります。

25万円程度ならば準備ができるというような場合でも、250万円を負担し合うのは簡単なことではありません。

しかし発行する株式を発起人以外に引き受けてもらうことができたのであれば、さらに細かく分割して負担をしてもらうことが可能なのです。

また「出資者全員が決定書などに署名をする必要がない」ということもメリットとして挙げることができます。

通常の発起設立の場合、複数人の発起人が協力して会社設立を行うという際にはその発起人が全員、書類に対して署名と捺印をしなくてはならないことがあります。

これは数人程度であれば問題はないのですが、発起人がそれぞれ違う地方に住んでいたり、数十人などの人によって設立がされるという場合には大変な手間となってきます。

この点において募集設立の場合、出資者は署名や捺印を行う必要がありませんから、そうした手間はかなり削減できることになるのです。

一般的に募集設立はこれらのようなメリットがあるとされていますが、その反面、会社設立に必要な手続きの手間はかなりのものとなります。

設立の代行を依頼する際にも別料金が請求されることが少なくありませんから、この方式で設立をしたい場合には、本当に必要性があるのかどうかを考えるようにしましょう。